蜉蝣の心境

蜉蝣の心の奥底

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本経済について

いつも聞くこの決まり文句 「不況」
俺はいつもこの言葉を聞くとこう思う。なんで過去と比べるんだ。過去にしがみついてしがみついて「過去の栄光」を掘り返して、我ら大日本帝国は昔はすごかったんだゾ。っと
「不況」を作ったのはしったかぶりする専門家ではないだろうか?TV番組などでしつこく「不況不況」とお坊さんのように唱えていれば、どこぞの「しったか」がマンションのエレベーター付近で、片手に野菜を持ちこう言うに違いない! 「あらあら昔は景気よかったのにねぇ」
そもそも、金持ちになるためには、金で金を生むしかないのだ。よってタダより高いものはない!
手に入れるは容易く、手放すのは難しい(ちょっと違うかもしれません) 
一回だけ挑戦してたくさんのお金が入ってきたらもうでかすぎる金儲けには挑戦しない。ちまちま小さなことをして倒産はしないようにする。
っていうのが今の日本じゃないだろうか。
俺が望む日本経済は、中国のように妙に景気がよくなるのではなくて、ある一定の線を維持してほしいのだ。
残念な事に日本では石油などがとれない。なら、頭で世界にぶつかろうじゃないか!もちろんぶつかって粉砕するのだ!ちまちまやっていてはいつか終わる。大きなことをして失敗しても前のビジネスで稼いだお金でなんとかする。
情けは無用!金は天下の回りもの!一人でただの「考え」なら三人集まれば文殊の知恵!





スポンサーサイト
  1. 2005/08/04(木) 23:12:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

悲しすぎて涙が出ない

ほんとはほんとは日記書きたいんだけどタイトルで察してください・・・。

今回は通貨の事について熱くわかりにくく、泣ける・・・ように書きたいと思います。

お金のお話 はじまりはじまり~♪
国際的通貨
基本的に「全ての通貨」が国際的に認められています。世界中で流通しうる、ということを「国際的に認められている」と呼ぶのであれば、多分米ドルだけでしょう。
もし国際的に認められていない通貨の国はバーター取引といって要は物々交換です。その他に外貨(例えば米ドル)を使うという手もあります。
通過の裏付けがあり国際的に強い通貨が「ハードカレンシー」といって今ハードカレンシーと呼べるのは米ドルとユーロだけでしょう。
円はどこへいった!!
正直いってバブル崩壊以後の円はローカルカレンシーと言っても過言ではありません。
欧州圏では20年以上前より、上下の激しい米ドルを「デンジャラスカレンシー」と呼び別のハードカレンシーの必要が叫ばれてきました
ECとユーロはまさに欧州圏の待ち望んでいた体制です
アジア圏でも以前よりドル以外のハードカレンシーの期待は大きいのですが日本の経済が一向に持ち直さない点や軍事力が米軍に頼りすぎで貧弱な点、政治的にも汚職や非効率さが多く「円」はハードカレンシーになりえません
10年後には中国の元が円を追い越してハードカレンシーの仲間入りしやがると言われていますが現在では米ドルとユーロの2つだけです
EU以前はドイツマルクがその力を持っていました
貿易に関しては為替相場がありますのでそのレートに応じてしますので問題ありません
あまりにマイナーな通貨は一度米ドルやユーロ建てにするだけです
有事の米ドル買いという言葉がありますがドルの力はアメリカの経済力だけでなくその背後にある軍事力によって成り立っています
世界でアメリカを侵略できる国は基本的にはありませんから金や宝石以外の通貨では米ドルが最も信用できるのです
EUも総合的な軍事力はNATOの頃から折り紙つきですしイギリス・ドイツ・フランス個々の国々もかなりの軍事力があります
でも日本はどうでしょう?
海外からみればアメリカに守ってもらっていて自国の事も自分で守れない国です
隣に中国、ロシアの軍事大国がありますテロ等への備えも弱いです
通貨の信用性は経済だけなく政治や有事の事も視野にいれて評価されますので「円」の評価は低いそうな。


この話を書いててふっと気づいたのですが、幼少時代は「なんで国ごとに言葉が違うの?」とか「どうして国ごとに紙幣が違うの?」とか親によく問い詰めていました。
こうみるとあれですね。昔なら一国に統一できたかもしれないけど、急速になにもかも発展してる今、もし世界統一なんてことがあったら大混乱になるんじゃないかなぁ。
たとえば法律の抜け道をうまくすり抜けてる企業とか、法律にそって働いてる企業などが下手したら倒産するかもしれない。
たばこ吸うならマリファナ吸えなんて言ってる国が統一したら、たばこの会社が全部つぶれてしまうかもしれない。
↑すっごい理屈にそってないこと言ってますが、統一はよくないんだ、ってことです。
その国ごとに違うすばらしい風習や民族衣装本物の民族料理などが消えてしまうかもしれない!



いきなり話変わりますが、政治的にも汚職や非効率さが多く「円」はハードカレンシーになりえませんこれって我々国民が政治にあんまり目を向けてないってこと・・?だとしたら大問題!今TVでも騒がれてるわけですし、例が悪いですが、ライブドアの時のように注目の的になればいいのだが。


  1. 2005/08/04(木) 00:19:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

蜉蝣

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。