蜉蝣の心境

蜉蝣の心の奥底

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今流行の・・・。

http://www.teiteitah.net/emp_jp-1.html
第二次世界大戦のはじめ~おわり。までのお話を日本が美しく書いてあります。
これが本当なら、東条さんの陸軍の暴走で始まった戦争でもないと思います。
ハル・ノート。これ有名です。俺も歴史好きなのでネットでよく検索するんですが、ようは、
ハルノートは、アメリカが日本と不可侵条約を結ぶ条件として、日本が日露戦争以降に東アジアで築いた権益の全てを放棄することを求むものである。おおまかに説明すると10の項目によってできている。
英中日蘭蘇泰米間の不可侵条約締結
仏印の領土保全
日本の中国印度支那からの撤兵(満州撤兵)
日米の中華民国の承認(汪兆銘政権の否認)
日米の海外租界と関連権益の放棄
通商条約再締結のための交渉開始
米による日本在外資産凍結解除
円ドル為替レート安定に関する協定締結
第三国との太平洋地域における平和維持に反する協定の廃棄
本協定内容の両国による推進である。

赤色は転載です。
わかりやすく言うと、アジア統一をしようとしている日本。いやアジア解放を目指す日本。そのついでに西洋じみた半侵略で莫大な収益を上げている事がおもしろくないんですな。
しかし、昔は今の米国と違って、他国に内政干渉したりしない体質だったらしいです。だから、イギリスが追い詰められても参戦しないしドイツが横暴を極めても参戦しなかったんですが、日本がインドシナに日本兵を送り込んでると言う嘘かもしれない電報が大統領に届けられて激怒。そしてハル国務長官に厳しい案を日本に通過させる事を決定。
日本帝国は石油が取れません。
世界の石油を握ってるのは、米国、英国です。
運の悪い事にふたつの国と対立してしまったんですねー!

歴史に もし はない!っていう儒者がいるけどそれは間違いだと思う。
なぜかって?


想像は楽しいはず。これから韓国と開戦したら今まで習った歴史を思い返して「もし」を使ってみよう!
歴史は繰り返す。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 05:47:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

蜉蝣

04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。