蜉蝣の心境

蜉蝣の心の奥底

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あれ

付き合ってください。つうか。付き合えよ。俺と。と言った僕。

そして君は「なんで好きだから付き合うの?」と問い返す。

お互い好きなら付き合わなくてもいいじゃん。

わからない。

じゃあ結婚して?

「なんで好きだから結婚するの?」


わかった。

付き合ったら終わりがあるから嫌だ。結婚もしたら離婚っていう道があるからいやだ。

こういう考えしてる人いるんだなぁ・・・。型にはまらない人。

それを含めて






大好きです。





スポンサーサイト
  1. 2007/08/11(土) 23:49:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

小説

今まで僕は人を好きになった事がないのかもしれない。

いや今日のこの日までは。

今まで好きだった女の子と付き合っても、別の子と一緒に付き合いたいなと思ってた。絶えず目移りしていた。

これが人間の本性だと思ってた。純愛なんて漫画の世界だけだろとずっと思ってた。

いや、永遠にそう思ってたと思う。きっと。

まさに本能。


漫画みたいな事が起きた。

楽しいはずの旅行をはやめに切り上げた。10日のうちの5日目で帰国した。

会いたい・・・。会いたい・・・。

絶えず思ってた。忘れてた時なんておそらくない。

もう僕には君しか愛せないだろう。たとえ、どんな浮気をされようと。

今日その子に言ったんだ。
「はやく10月にならないかなぁ?」
「なんで?バイト終わるから?」
「違う!誕生日!」
「ほー。じゃあ誕生日プレゼント何がいい?」
「うーん・・・。14億円!」
「はい?うーん・・。じゃ俺でいいかな~?笑」

「それはもうもらった」

嬉しくてたまらなかった。好きな同士じゃなくても交わせる冗談なのに、なぜか思わず抱きしめたくなった。というか抱きしめた。

この何気ない冗談が楽しい。なんで時間なんてモノがあるんだろう。いつか終わってしまう。いつか終わってしまう。

俺の脳裏で時空が加速する。思わずアクセルを戻す。

気が滅入りそうになる。なんでだ。なぜだ。どうしてだ。

初めて涙を流したのが今日かもしれない。今までまともに泣いたことなどない。今まで鉄の男だったはずなのに。

僕は君に溶かされた。

体全体を。

いいや。魂までも。

好きすぎて気が変になりそうだ・・・。などとは言わない。

ただ。
















もう君しか見えない。




という小説です。おもしろかった?笑
久しぶりにブログ更新しましたよ僕は。
というか我ながら。。。。
文章気持ち悪いな・・・。

  1. 2007/08/11(土) 04:00:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

蜉蝣

07 | 2007/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。