蜉蝣の心境

蜉蝣の心の奥底

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

戦艦ビスマルク 続編

※文字ちょっと引用しました
ビスマルクの最後
それでもビスマルクはまだ浮いている・・・・・燃える廃墟になりながら。一方リンデマン艦長はビスマルクの全砲塔が沈黙した時点で苦渋の決断をし、艦内にむけてある命令を発していた。自沈命令だ。この頃その作業は実行されだした。ビスマルク艦内では、乗員達がこの命令を受けて作動中のあらゆるポンプを注水に切り換え、艦内にに海水を送り始めた。
しかしここで驚くべき事が判明した!ビスマルクの三機の主機はまだ無事に生きていたのだ!
あれだけの砲弾の洗礼を浴び続けたのにもかかわらず・・・ビスマルクは未だ自力で航行が可能だったのだ。
そこで作業員は、浸水の激しかった左舷を除く機関区画でキングストン弁を開放し、冷却機用吸水口に自沈用爆薬をしかけた
b13.jpg

燃える廃墟ビスマルク
退艦命令が発令されたビスマルクからは生存者が海に身を投げる様子が散見されるようになります。
ビスマルクはまだ洋上に浮かんでいました・・・しかしこの頃、英戦艦の燃料が尽きかけてきたため、トーヴェイ長官はついに砲戦を諦め、各艦に対して、魚雷攻撃をもってビスマルクに止めをさすよう命令します。
この頃すでにビスマルクは大きく左に傾斜しており、艦首を持ち上げつつ、その左への傾斜速度を速めて行った。
その中で、リンデマン艦長(ビスマルク艦長)は傾斜が強まる艦首先端へ歩いて行き、艦首旗竿の先端に辿り着くやいなや、白い軍帽のひさしに手をさっと上げ、海中の生存者に向けて決別の敬礼を送ったのである。完全に横腹を見せたビスマルクは艦首先端で敬礼する艦長と共に、静かに横倒しになって沈んでいった・・・時に1941年5月27日、10時39分のことだった。
戦闘が開始されてから2時間が経過していた。こうしてドイツ最大最強の戦艦の短い生涯は幕を閉じた・・・・・




リンデマン艦長って日本人と似てますよね。やっぱり世界中の国と戦うぐらいですからこれぐらい強気にしないとだめなんでしょうかね。
いや~俺は戦争が好きって言うわけじゃなくて兵器とか戦略が好きなんです。戦争話とか。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/14(金) 22:36:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<チャーリーとチョコレート工場 | ホーム | 戦艦ビスマルク>>

コメント

戦争って士気大事だと思う
  1. 2005/10/15(土) 18:09:09 |
  2. URL |
  3. PULSY #-
  4. [ 編集]

艦長まじでかっこいい。
  1. 2005/10/15(土) 21:44:11 |
  2. URL |
  3. 蜉蝣 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tennkahubu.blog10.fc2.com/tb.php/121-080563ed

蜉蝣

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。